情報ルーム
情報ルームの記事を表示しています。

Serum Thyrotropin Concentrations Lowest With Fasting Levothyroxine Administration

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年07月28日(Tue) 00:15

空腹時にレボチロキシン(チラーヂンS)を服用すると、一番安定して吸収され、その結果、TSH値が抑制されて低値となる、という米国での報告を載せます(PDF)。 従来からレボチロキシンは早朝空腹時(朝食30分前)に1日1回服用と教科書には書かれていましたが、それを支持する研究です。 最近、夜寝る前(就寝時)に1日1回の服用が良いという論文も出されており、まだ議論があると考えられますが、「空腹時」が良いことは間違いないようです。 その論文も載せます。


「論文」一覧に戻る