情報ルーム
情報ルームの記事を表示しています。

母体のヨード過剰による先天性甲状腺機能低下症(米国からの報告)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年07月30日(Mon) 10:55 by drharasho

米国でも母体のヨード過剰が新生児の甲状腺機能低下症を
引き起こし、新生児マススクリーニングで発見されることが、
ときどき一流誌に掲載される。

今回の論文の興味深いところは、ろ紙血中のヨード測定だが、
斜め読みでは、詳しい方法論がわからない。

また、日本で「先天性甲状腺機能低下症」というと、
永続性の甲状腺機能低下症を頭に浮かべるが、
あちらでは「生まれたときに」甲状腺機能低下症なら、
一過性であろうと、永続性であろうと、全てcongenital。

このあたり、論文を読んだり、統計データをみたりするとき、
要注意。

--------------------------------------------------------------------
Congenital Hypothyroidism Caused by Excess Prenatal Maternal Iodine Ingestion

Kara J. Connelly, MD1, Bruce A. Boston, MD1, Elizabeth N. Pearce, MD2, 
David Sesser3, David Snyder, MD4, Lewis E. Braverman, MD2, Sam Pino2, 
and Stephen H. LaFranchi, MD1

We report the cases of 3 infants with congenital hypothyroidism detected 
with the use of our newborn screening program, with evidence supporting excess 
maternal iodine ingestion (12.5 mg/d) as the etiology. Levels of whole blood
iodine extracted from their newborn screening specimens were 10 times above 
mean control levels. Excess iodine ingestion from nutritional supplements is 
often unrecognized. (J Pediatr 2012;-:---)


「論文」一覧に戻る