情報ルーム
情報ルームの記事を表示しています。

病気の説明、いつ(何歳の時に)、どんなふうに、どんな資料があればよいか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年10月01日(Fri) 19:44

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)で治療を受けているお子さんに、病気の説明をどのようにするか、保護者の皆さんのご意見を伺いたいと思います。その目的の一つは、「こども健康倶楽部」にお子さん向けの説明のページを載せることを考えていることから、その内容や対象となる年齢層をどうするかの参考とさせて頂くためです。なお回答は、治療をうけているお子さんのお父さん、お母さんに限らせて頂きます。

私は先天性甲状腺機能低下症の子どもの父親である。
11%
9人
私は先天性甲状腺機能低下症の子どもの母親である。
89%
74人

調査にご協力有り難うございました。
約3週間の調査で、82人の保護者のかたから回答を頂きました。
(回答者のうち、1人は出題者です)


「過去のアンケート」一覧に戻る