情報ルーム
情報ルームの記事を表示しています。

喫煙するとバセドウ病の治療効果が悪い

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年01月14日(Wed) 16:22

Thyroid-Stimulating Hormone–Receptor Antibody and Thyroid Hormone concentrations in Smokers vs Nonsmokers With Graves Disease Treated With Carbimazoleという論文が米国医師会雑誌(JAMA)の1月14日号に載りました。 これまでもバセドウ病患者さんが喫煙していると合併症(眼症)が悪化したり、再発しやすいなどの報告が多数あり、小児の患者さんでも、治療開始時から「タバコを吸い始めないように」強く指導していますが、さらにそれを指示する論文です。 ・・・バセドウ病と限らず、誰にとっても喫煙は有害ですが。

【添付ファイル】


「論文」一覧に戻る