情報ルーム
情報ルームの記事を表示しています。

チラーヂンS散0.01%の処方状況

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年06月25日(Sat) 11:17

チラーヂンS散0.01%の処方状況をお答え下さい。あすか製薬では、福島県いわき工場の操業再開後(3月25日)から、おもにチラーヂンS50錠の生産を最優先し、チラーヂンS散0.01%については、十分量の生産は行われていませんでした。そのため、地方によってはチラーヂンS散0.01%の供給が不十分なところがあるようです。6月以降、チラーヂンS散0.01%の処方を受けた方に、その状況をお尋ねします。

2カ月分以上、処方された。
33%
14人
もともとは2カ月分以上処方されていたが、今回は1カ月分しか処方されなかった。
43%
18人
もともと1カ月処方であり、今回も1カ月処方された。
5%
2人
もともと1カ月処方であるが、今回はそれより短期間しか処方されなかった。
0%
0人
もともと1カ月未満であり、今回も1カ月未満だった。
0%
0人
処方してもらえず、手持ちの薬を減らして飲んでいる。
0%
0人
その他。
19%
8人

6月いっぱいで、レボチロキシンナトリウム製剤の長期処方自粛を
中止することが検討されています。

しかし、チラーヂンS散0.01%については、まだ十分量が、
供給されていない現実があるようです。

「あすか製薬」に増産可能かどうか、検討をお願いしなくては、
ならないかもしれません。


「過去のアンケート」一覧に戻る