HOME > 先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)講座INDEX > Lesson10:マススクリーニングとは
クレチン症講座ー初級編

Lesson10 : マススクリーニングとは

10-1 マススクリーニングの意味

マススクリーニング(mass-screening)というのは「大勢の健康な人の集団から、特定の病気を持った人を効率よく見つけだす」ことを言います。「集団検診」という言葉があり、たとえば地域での「がん検診」などが含まれますが、ほぼ同じ意味に考えてもよいでしょう。
日本で行われる新生児マススクリーニングは「新生児スクリーニング」「先天性代謝異常等検査」とも呼ばれています。広い意味では「集団検診」のひとつですが、日本中の生まれたばかりの赤ちゃん(新生児)ほぼ全員を対象としているという点で、成人に対して一般的に行われている「集団検診」とはその方法が違います。

10-2 スクリーニングの対象となる疾患

新生児マススクリーニングは世界各国で行われています。その実施方法はさまざまですが、日本では、産科の先生などがご両親にきちんと「新生児マススクリーニング」の意味を説明した上で、検査することになっています。また、母子手帳にその意義が書かれていますので、ぜひ読んでみましょう。保健婦さんなどが検査の重要性や意味を妊婦さんに説明し、検査を勧めることが大切な仕事と位置づけられています。
検査にかかる費用は行政が負担しています(つまり税金から支払われています)。産科で新生児マススクリーニングに関連した費用が出産費用に含まれて徴収されていますが、それは採血費用やスクリーニング検査センターへの郵送料で、産科医療機関それぞれで金額を(自由に)決めていて、1,000円以下の施設から、2,000円以上の施設まで様々なようです。

対象疾患 検査項目
アミノ酸代謝異常 フェニールケトン尿症 フェニールアラニン
ホモシスチン尿症 メチオニン
メープルシロップ尿症 ロイシン
糖質の代謝異常 ガラクトース血症 ガラクトース
ガラクトース-1-リン酸
内分泌疾患 先天性甲状腺機能低下症 TSH
FT4
先天性副腎過形成症 17-OHP

10-3 新しいマススクリーニング対象疾患

<しばらくお待ち下さい>