サポートルーム
小児内分泌専門家の医師(聖徳大学児童学部児童学科教授 原田正平先生)のコラムや、先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)をはじめ小児科関連に関する情報やサービスを掲載します。

放射性ヨードの心配より受動喫煙を避けましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年03月25日(Fri) 01:47 by drharasho

こども健康倶楽部とは別に「子どもの防煙研究会」というサイトで、
タバコの害から子どもを守る活動をしています。

タバコの煙には4,000種類以上の化学物質が含まれ、
明らかな有害化学物質が250種類以上、発ガン物質と
認められている物質が60種類以上含まれています


タバコの葉は栽培されている土地から有害物質を
取り込んでいます
ので、煙の中に様々な有害物質を吐き出します。

ポロニウムという、放射性ヨードの何十倍、何百倍も
人体に有害な放射性物質が含まれていることは、
あまり問題にされていませんが、喫煙者は、
つねに放射性物質にさらされ、さらには、
受動喫煙を強いることで、周りにも被害を及ぼしています

赤ちゃんや乳幼児の周囲や家の中で吸われると、
有害化学物質が床や家具に吸着し、やがてはお子さんの、
体内に入り込んでしまいます。

最近の研究では、ほんの少し他人の吸う煙を吸わされただけで、
DNA損傷が起きると言われています


放射性ヨードがなぜ有害か、誰もテレビ、新聞で説明しませんが、
有害なのはDNA損傷を起こし、将来の発がんにつながるからです。

眼に見えない放射性ヨードは過度に心配するのに、
眼に見えているタバコの煙を心配しないのはおかしな話です。

極端なことを言えば、たとえ今回、多くの人が放射性ヨードにさらされたとしても、
日本国民が、全員、タバコを吸わなくなれば、より健康でいられることうけあいです。

本当に有害なのは、なんであるかに、日本人の多くの人が、
そろそろ気がついてもいい頃ではないでしょうか。


一覧に戻る