サポートルーム
小児内分泌専門家の医師(聖徳大学児童学部児童学科教授 原田正平先生)のコラムや、フェニルケトン尿症をはじめ小児科関連に関する情報やサービスを掲載します。

水道水の飲用に関する小児医療専門家の見解(3月25日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年03月26日(Sat) 10:46 by drharasho

新生児、小児の医療の専門家である日本小児科学会、日本周産期・新
生児医学会、日本未熟児新生児学会の3団体が共同見解を出しました。

 要点は、子どもは水分不足になりやすく、放射性ヨウ素のことを恐れて、
必要な水分を与えない方が、子どもの健康を障害する、ということです。

「食品衛生法に基づく乳児の飲用に関する暫定的な指標値100Bq/キログラムを
超過する濃度の放射性ヨウ素が測定された水道水摂取」に関する、日本小児科
学会、日本周産期・新生児医学会、日本未熟児新生児学会の共同見解(PDF)


一覧に戻る