震災から救われた命、タバコで奪わないで!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年03月30日(Wed) 04:50

被災地の避難所を厚生労働省が「禁煙」としたのにも関わらず、
支援物資として「タバコ」が届けられています。

善意から来ている行動かもしれませんが、
まさに「震災から救われた命、タバコで奪わないで!!」です。

タバコの煙には、60種類以上の発ガン物質が含まれています。
(引用したサイトでは「50種類以上」と書かれています)

福島原発事故で、放射性物質による健康被害、発ガンの危険性に
曝されている今。なぜ新たな「発ガン」物質を配るのでしょうか。


「被災地の健康情報」一覧に戻る