小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチン

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月01日(Fri) 12:30

2011年3月31日

医療関係者 各位

ファイザー株式会社

小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチン
4月1日からの接種再開及び添付文書「接種上の注意」改訂について

謹啓 

平素は弊社並びに弊社製品に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

小児用肺炎球菌ワクチン「プレベナー水性懸濁皮下注」とヒブワクチンについて、
3月8日及び24日に開催された専門家会議において、国内外の包括的な安全性データの
検証の結果、ワクチン接種と死亡との間に直接的で明確な因果関係及び、同時接種に
起因する重篤な副反応の増加は認められていないことから、特に安全性上の懸念は
認められないと確認されました。これに従い、厚生労働省は4月1日から接種を再開
する方針を示しました。

これを受けて、3月29日付け事務連絡にて、添付文書の「【接種上の注意】の改訂
について」及び「小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチンの接種の再開等について」
が厚生労働省から発出されました。

3月31日に開催された専門家会議では、4月1日からの接種再開*に際して、
改訂された「接種上の注意」の本旨を理解するために、「小児用肺炎球菌ワクチン及び
ヒブワクチン接種の再開についてQ&A」1) を併せて参照することが重要であるとの
結論に至りました。

関係各位におかれましては、この点にご留意の上接種いただくよう弊社からも
お願いいたします。

弊社は、今後も、行政当局と連携し、引き続き日本の子どもたちを細菌性髄膜炎や
敗血症など、肺炎球菌による重症感染症から守るために最善をつくす所存です。
今後とも引き続きご協力、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

謹白

* 公費助成については各市区町村にご確認ください

1)「小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチン接種の再開についてのQ&A」
(厚生労働省 健康局結核感染症課、医薬食品局安全対策課)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/index.html

お問い合わせ先:ファイザー株式会社
 製品情報センター学術情報ダイヤル 0120-664-467
〒151-8589 東京都渋谷区代々木3-22-7 (新宿文化クイントビル)


「被災地の健康情報」一覧に戻る