ANAとJALが仙台空港再開に合わせ、機体にメッセージロゴ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月11日(Mon) 23:56

仙台空港再開にあわせANAが機体に被災地へメッセージロゴ
http://mainichi.jp/norimai/air/graph/20110408ANA/index.html

 全日空(ANA)は8日、被災地へ向けたメッセージをペイントした機体を
13日から就航させると発表した。

 メッセージは国内線仕様の機体には日本語で「心をひとつに、がんばろう ニッポン」、
国際線仕様には英語で「Forward together as one Japan」





  羽田から仙台空港へ向かう初便に使用されるボーイング737-800型機のほか、
777-300ER型機など数機へのペイントを予定している。メッセージについては
「見上げれば、空は一つ。お客様と私たちの心をひとつに。日本中の、そして世界中の
心を一つに。」という願いを込めたと説明している。






 13日から民間航空機の利用が再開される仙台空港では、ANAが仙台-羽田を1日
3往復、JALが仙台-羽田を1日1往復、仙台-伊丹を1日2往復運航することにな
っている。【米田堅持】

 2011年4月8日

-----------------------------------------------

仙台空港到着の1番機にJALが被災地へメッセージ
http://mainichi.jp/norimai/air/graph/20110411JAL/index.html

 日本航空(JAL)は11日、13日から再開する仙台空港に着陸する1番機を
「がんばろう日本」とペイントした機体で運航することを発表した。





 機体はJAL EXPRESSのボーイング737-800型機で、羽田発6時55分の
JAL4721便。新生JALの象徴として復活した鶴丸ロゴの機体で被災地の復興を願う
メッセージとともに被災地の仙台空港へ降り立つことになった。





 13日から民間航空機の利用が再開される同空港では、ANAが仙台-羽田を1日3往
JALが仙台-羽田を1日1往復、仙台-伊丹を1日2往復運航することになっている。

【米田堅持】

 2011年4月11日


「応援メッセージ」一覧に戻る