シンポジウム_「学校敷地内と周囲の禁煙の現状及びその到達点」(2008年11月15日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年11月11日(Thu) 00:33

<シンポジウム>
「学校敷地内と周囲現状及びそ到達点」
    (55日本学校保健学会)

<日時>2008年11月15日(土) 15:00~17:00
<場所>愛知学院大学・楠元キャンパス(名古屋市) 110周年記念講堂
<対象>日本学校保健学会会員に限らず、子どもに関心ある方々
<参加費> \3,000 ( 1日参加費 )
<共催>日本学校保健学会
子どもをタバコから守る会・愛知
<内容>
A.講演
1)家田 重晴  (中京大学体育学部)
学校敷地内禁目的と「タバコない学校」推進プロジェクト活動
2)原田 正平 (国立成育医療センター)
全国市町村学校敷地内禁現状
3)宗方 比佐子(金城大学人間科学部 )
金城学院大学における禁取組み:なぜ通学路も禁
4)牧野 ひとみ(神奈川県立橋本高等学校)
保健指導から学校周辺を進める活動まで
5)小川  浩 (中部大学人文学部)
学生が行う喫止教育実践
6)中川 恒夫 (青山病院)
通学路で受動喫及び学校敷地内と周囲到達点

B.パネルディスカッション
座長: 中川恒夫・家田重晴


「学会・研究会の記録」一覧に戻る