サポートルーム
小児内分泌専門家の医師(聖徳大学児童学部児童学科教授 原田正平先生)のコラムや、先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)をはじめ小児科関連に関する情報やサービスを掲載します。

新生児マススクリーニングの同意について考える Weighing consent in babies' screening

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年10月13日(Tue) 11:35 by drharasho

米国のいくつかの州で、新生児マススクリーニングのために採取され、検査後に保存されている乾燥血液濾紙(濾紙血)の所有権?に関する裁判がおきているというニュースがでました。 全文は情報ルームに載せていますが、日本でも検査済み濾紙血の長期保存と目的外使用については、厚生労働科学研究班で調査研究中です。 ==================================== DURHAM -- This past spring, families in Minnesota and Texas filed lawsuits over the storage of blood samples taken for newborn screening. Nine families in Minnesota alleged that storing newborn screening samples and potentially using them for research violated the state's genetics privacy law, because the state did not obtain informed consent for the storage and use. Similarly, in Texas several families alleged that the storage of newborn screening samples constitutes unlawful search and seizure and violates basic privacy rights. The cases have not come to trial yet, but they raise the prospect of more lawsuits to come.


一覧に戻る