サポートルーム
小児内分泌専門家の医師(聖徳大学児童学部児童学科教授 原田正平先生)のコラムや、先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)をはじめ小児科関連に関する情報やサービスを掲載します。

タバコ税増税について

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年12月23日(Wed) 00:58 by drharasho

平成22年度税制改正大綱で、やっとタバコ税の増税が決められました。 これまでの自民党政権でのタバコ税の僅かずつの増税と違い、 以下のような、まっとうな意見による増税です。 やっと国民の健康を考える政府が誕生したと言うことでしょうか。 ============================== たばこ税・酒税は、いずれも消費税と実質的に二重の負担をもたらす ものであると同時に、これまで安易な財源確保策として用いられてきた という問題があります。 これはたばこ税・酒税が財源確保を目的に創設されたことに由来する ものですが、前記の基本的な考え方に照らして、このようなあり方は望 ましいものではありません。 たばこ税・酒税は国民の健康に対する負荷を踏まえた課税に改めるべ きであり、その際には国民に分かりやすい仕組みにすることが必要です。 その観点から、酒税については、酒類の生産・消費の状況等に配慮しつ つ、類似の酒類については、基本的に致酔性の観点からアルコール度数 に着目した税制とすることを検討します。 たばこ税については、国民の健康の観点から、たばこの消費を抑制す るため、将来に向かって、税率を引き上げていく必要があります。その 判断にあたっては、たばこの消費や税収、葉たばこ農家、小売店、製造 者等に及ぼす影響等を見極めつつ行っていくこととします。その過程 で、たばこ法制について、現行のたばこ事業法を改廃し、たばこ事業の あり方について、上記のたばこ関係者の生活や事業の将来像を見据え て、新たな枠組みの構築を目指すこととします。 上記の方針に沿って、平成22 年度において、1本あたり3.5 円の税 率引上げ(価格上昇は5円程度)を行います。 ============================== 「現行のたばこ事業法を改廃し、・・・」 この一文があることで、なんと多くの国民がタバコによる健康被害から、 救われることでしょうか。 子どもたちのためにも、一刻も早く値上げしてもらいたいものです。


一覧に戻る