サポートルーム
小児内分泌専門家の医師(聖徳大学児童学部児童学科教授 原田正平先生)のコラムや、先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)をはじめ小児科関連に関する情報やサービスを掲載します。

絵本の中のタバコ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年12月26日(Sat) 00:41 by drharasho

「たくさんのふしぎ」(福音館書店)という子ども向けの月刊誌があります。 その多くは、とても楽しく、子どもたちに役立つ内容なのですが、 最新号(2010年2月号)はどうもいただけません。 「おじいちゃんのカラクリ江戸ものがたり」 青森県の小児科医の久芳康朗先生が、大いに憤り、次のようなブログを書かれています。 「福音館書店不買運動:タバコを巧妙に美化する絵本「たくさんのふしぎ」 私自身は、まだ実物を目にしていないので、はっきりと批判はできませんが、 なにより最後にある「岩崎均史(たばこと塩の博物館)」の一文が、 この本の問題点を明らかにしています。 「たばこと塩の博物館」は株式会社「日本たばこ」が実質的に運営しており、 つまりは「タバコ」の宣伝をするのがその役目の組織です。 まさに「タバコ礼賛」の絵本に外ならないことが、見えてきます。 なんとあくどく巧妙なことでしょう。


一覧に戻る