サポートルーム
小児内分泌専門家の医師(聖徳大学児童学部児童学科教授 原田正平先生)のコラムや、先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)をはじめ小児科関連に関する情報やサービスを掲載します。

大人の甲状腺機能低下症に関する困った記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年02月16日(Wed) 09:50 by drharasho

サッカーの有名選手が「甲状腺機能低下症」を理由に引退する、
というニュースがでていました。

しかし、その記事の中に記になる表現がありました。

----------------------------------------------------------------------------------------
「ドーピングになるため薬を摂取できなかった」と涙ながらに訴えた。
----------------------------------------------------------------------------------------

甲状腺機能低下症の治療は、甲状腺ホルモン補充療法であり、
本来、体内にある物質で、不足しているものを補うだけですから、
「ドーピング」=「スポーツなどの競技で好成績を挙げるためにアナボリックステロイド
などの薬物を投与したり、その他の物理的方法を採ったりすること。」
とは全く違います。

少し調べた限り、甲状腺ホルモン薬が禁止薬物に入っている、
ということもないようです。
(さらに調べて見ます)

----------------------------------------------------------------
ロナウド引退 肥満の原因甲状腺機能低下も告白

「最初の死」とロナウド 涙浮かべるロナウド


引退会見で目に涙を浮かべるロナウド
Photo By AP=共同

 元ブラジル代表FWロナウド(34=コリンチャンス)が14日、サンパウロで記者会見を行い、
現役引退を表明した。「思ったことに体がついていかなくなった。以前はスピードでDFを抜けた
が、痛みがキャリアの最後を早めた」と肉体の衰えを決断の理由に挙げた。

 晩年に肥満を批判されたことには「これは言っておきたい」と4年前に甲状腺機能低下症が判明
したことを告白。代謝低下で体重のコントロールが困難だったことを明かし「ドーピングになるた
め薬を摂取できなかった」と涙ながらに訴えた。


 現役最後の試合となった2日のリベルタドーレス杯プレーオフでコロンビアのトリマに敗れ、激
しく批判されたコリンチャンスのファンには「これほど情熱的なファンはいない。優勝を目指して
いたのに申し訳ない」と謝罪し、引退との関連性を否定。今後は親善大使としてコリンチャンスを
サポートするという。

 「批判も受けたが、そのたびに強くなった。素晴らしく感動的なサッカー人生だった」とロナウ
ド。バルセロナやRマドリードなどの名門で活躍し、W杯通算最多の15得点を挙げた「怪物」が
選手生活に幕を下ろした。

Yahoo!ブックマークに登録 [ 2011年2月16日 06:00 ]



一覧に戻る