サポートルーム
小児内分泌専門家の医師(聖徳大学児童学部児童学科教授 原田正平先生)のコラムや、先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)をはじめ小児科関連に関する情報やサービスを掲載します。

2008年世界禁煙デー記念シンポジウム

このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年05月31日(Sat) 22:23 by drharasho

2008年5月30日(金)日本科学未来館 みらいCANホール(東京都江東区青海2-41)で開催されました。 今年の世界禁煙デーのテーマがWHOの標語:「たばこの害から若者を守ろう」(TOBACCO-FREE YOUTH)で、日本での厚生労働省が5月31日(土)~6月6日(金)(禁煙週間)のテーマとして「子どもをたばこから守るために」と決めたことで、シンポジウムでは、以下のプログラムで講演がなされました。 詳細はここをクリック プログラム  12:30-13:00 開場 13:00-13:05 開会挨拶(舛添要一厚生労働大臣)代読 13:05-13:20 報告 「政府における主なたばこ対策」 ○厚生労働省健康局総務課 生活習慣病対策室たばこ対策専門官 森 淳一郎   講演 13:20-13:35 「妊娠と喫煙」 ○神奈川県立こども医療センター 内科・母性内科 萩原 聡子   13:35-14:00 「妊婦さんとそのパートナーの禁煙による、胎児期からの合併症の予防」 ○青山病院小児科部長 中川 恒夫   14:00-14:35 「子どもたちに伝えたい2つの事実」 ○和歌山県田辺市第三小学校元校長 北山 敏和   14:35-15:00 「子どものための卒煙外来」 ○静岡市保健福祉子ども局保健衛生部参与 加治 正行   15:00-15:25 「子どもをタバコの害から守るための小児医療関係者の活動」 ○国立成育医療センター研究所室長 原田 正平   15:25-15:40 休憩   15:40-16:10 パネル討論「受動喫煙対策について」 座 長:加治 正行 パネリスト:北山 敏和、原田 正平、中川 恒夫、萩原 聡子   講演 16:10-16:35 「肺年齢って知っていますか?」 ○久留米大学医学部第一内科教授 相澤 久道   16:35-16:40 閉会挨拶 たばこと健康問題NGO協議会会長島尾 忠男 大石悠太君からのメッセージも紹介


一覧に戻る