サポートルーム
小児内分泌専門家の医師(聖徳大学児童学部児童学科教授 原田正平先生)のコラムや、先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)をはじめ小児科関連に関する情報やサービスを掲載します。

コーヒーはご注意

このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年09月05日(Fri) 18:32 by drharasho

子どもにはあまり関係ないと思われますが、Altered Intestinal Absorption of L-Thyroxine Caused by Coffeeという論文がでましたので、情報ルームに載せておきます。 コーヒーと甲状腺ホルモン薬(チラーヂンSなど)を一緒に飲むと、血液中のサイロキシン濃度の上昇が最低でも25%、最大57%抑制される、ということです。 [お役立ち情報] 粉薬(チラーヂンS)の飲ませ方やLesson7 : 先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)の薬、のところにも書いてありますが、早朝空腹時に1日1回水で飲むのが一番安全な方法ですので、もちろんコーヒーで飲む(飲ませる)ようなことはしないで下さい。


一覧に戻る