サポートルーム
小児内分泌専門家の医師(聖徳大学児童学部児童学科教授 原田正平先生)のコラムや、先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)をはじめ小児科関連に関する情報やサービスを掲載します。

化学物質の環境リスクに関する国際シンポジウム

このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年12月02日(Tue) 02:55 by drharasho

表題のシンポジウムがこの12月14、15日に東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催されます。 詳しくはシンポジウムのサイトでご覧下さい。 開催目的の文章を以下、引用します。 =============================== 今日の社会では、産業活動や日常生活の中で多種多様な化学物質が利用されると共に、廃棄物等の焼却等により、意図していない化学物質が発生することがあります。これらの化学物質は、現在の豊かな経済活動や国民生活を支える一方で、環境汚染をもたらし、人の健康や生態系に悪影響を及ぼすおそれ(環境リスク)を生じさせています。 環境省は、環境リスクを科学的に評価し、その低減を図るために様々な取組を行っています。本シンポジウムは、その一環として、化学物質の内分泌かく乱作用や小児や胎児の発達・発育への影響など、環境保健分野における諸課題について、国内外の正確な情報を市民、産業、行政等の全ての者が共有し、相互に意思疎通を図ることを目的として開催します。 =============================== 一時、内分泌攪乱物質(環境ホルモン)という言葉が流行ましたが、最近ではホルモン作用以外に、様々な影響を及ぼすことがわかってきたため、広く「小児の環境保健」といったとらえ方がされるようになったようです。 環境ホルモンと言われていたときには、先天性甲状腺機能低下症の発見頻度の増加との関係も取りざたされましたが、その後は否定的なようです。 しかし、米国では新たに「先天性甲状腺機能低下症の発見頻度の増加」が大きな問題となっていますから、継続的に「小児の環境保健」には注目していく必要があります。


一覧に戻る