サポートルーム
小児内分泌専門家の医師(聖徳大学児童学部児童学科教授 原田正平先生)のコラムや、先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)をはじめ小児科関連に関する情報やサービスを掲載します。

JR東日本、やっと駅の全面禁煙へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年12月11日(Thu) 17:52 by drharasho

いろいろ取りざたされていた「タバコ税値上げ」が、自民党税調の「愛煙家」により、もみ消されてしまったという、哀しいニュースの次に、嬉しいニュースが飛び込んできました。 (以下、引用) 首都圏の駅、全面禁煙へ=来年4月から-JR東 12月11日17時9分配信 時事通信  JR東日本は11日、首都圏の226駅について、東京など4駅の一部に設けられた喫煙ルームを除き、来年4月から全面禁煙を実施すると発表した。  同社は昨年3月から、新幹線や在来線特急の車内でも、他社と直通運転している一部特急を除き全面禁煙となっている。今後、愛煙家は駅に着くまでに喫煙を済ませる必要がありそうだ。  同社によると、226駅のうち25駅については、ホームの広さの問題などから既に全面禁煙となっているが、残り201駅では、朝夕の一定時間以外はホームの端などに設けられた灰皿付近での喫煙が可能だった。  4月以降喫煙できるのは、東京、大宮の新幹線ホームと上野、新宿の特急専用ホームなどにある喫煙場所だけとなる。  同社は「多くのお客様のご意見や社会における禁煙志向の高まりを受けた措置」としている。


一覧に戻る