サポートルーム
小児内分泌専門家の医師(聖徳大学児童学部児童学科教授 原田正平先生)のコラムや、先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)をはじめ小児科関連に関する情報やサービスを掲載します。

中枢性甲状腺機能低下症

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年01月03日(Sat) 07:40 by drharasho

日本の新生児マススクリーニング(先天性代謝異常症等検査)は、先天性甲状腺機能低下症の中でも、「原発性甲状腺機能低下症」というタイプのものの早期発見・早期治療を目的として行われています。 「こども健康倶楽部」では主に、「原発性甲状腺機能低下症」のことを説明していますが、違うタイプの甲状腺機能低下症である「中枢性甲状腺機能低下症」についての質問を頂くことが多いですので、「情報ルーム」にその二つの違いを簡単に書き込みました。参考にして下さい。


一覧に戻る