サポートルーム
小児内分泌専門家の医師(聖徳大学児童学部児童学科教授 原田正平先生)のコラムや、先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)をはじめ小児科関連に関する情報やサービスを掲載します。

サードハンドスモーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年01月28日(Wed) 21:25 by drharasho

先日、このコラムで「Third-hand smoke」という米国からのニュースをご紹介させて頂きました。 そのことが今日(1月28日)の毎日新聞夕刊(東京版)で取り上げられました。 詳しい記事はネットで読めますが、一部引用しておきます。 =============================== 喫煙:有害物質、翌日も室内に 「サードハンドスモーク」 2009年1月28日 15時00分 更新:1月28日 15時15分  喫煙の害について、米国で「サードハンドスモーク」という概念が提唱され、話題になっている。たばこを吸った室内に煙が吸着して有害物質が残り、その場が汚染されるというもの。「セカンドハンドスモーク」(受動喫煙)に続く害と考えられ、識者らは「子どもがいるなら、家庭内は完全禁煙を」と呼びかけている。 (引用終わり)


一覧に戻る