サポートルーム
小児内分泌専門家の医師(聖徳大学児童学部児童学科教授 原田正平先生)のコラムや、先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)をはじめ小児科関連に関する情報やサービスを掲載します。

第8回厚生科学審議会疾病対策部会難病対策委員会議事録

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年04月12日(Sun) 23:38 by drharasho

平成21年2月10日(火)14:00~16:00に開催された、第8回厚生科学審議会疾病対策部会難病対策委員会議事録が厚労省のホームページに載りましたので、ご紹介しておきます。 第8回厚生科学審議会疾病対策部会難病対策委員会議事録 20歳未満の場合、小児慢性特定疾患治療研究事業による研究班活動や医療費補助が行われますが、20歳以上の場合、「特定疾患」という、さらに限られた疾患だけに公費による研究活動、医療費補助が行われています。 その対象疾患を決めたりするための委員会が「難病対策委員会」なのですが、この議事録を読みますと「そこで、平成14年以来ということなんですけれども、今日こうして本委員会を開催することができまして大変よかったと思います。」と書かれています。 つまり約7年ぶりの委員会と言うことです。そして、「今までの約25億円を4倍にいたしまして、難病の研究事業につきましては、100億円の計上をすることにいたしました。」とも書かれています。 よいことに思えますが、わずか100億円とも言えますし、実は厚労省の他の研究費を削っているわけなので、「子ども家庭総合研究事業」という、母子保健関係の研究予算が減った、という話しもあるようですので、手放しに喜べないことのようです。


一覧に戻る