サポートルーム
小児内分泌専門家の医師(聖徳大学児童学部児童学科教授 原田正平先生)のコラムや、先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)をはじめ小児科関連に関する情報やサービスを掲載します。

ディペックス・ジャパン 健康と病いの語りデータベース

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年05月17日(Sun) 01:46 by drharasho

5月16日の夜に第14回アジアパシフィック医療改革フォーラム講演会に参加してきました。今回は「DIPEx:患者の語り」が創る新しい医療~目指すのは「非」効率化~、というテーマでした。 講演者は別府宏國氏で、ディペックス・ジャパンの理事長を務めておられます。 ディペックスといっても聞き慣れない言葉だと思います。英語のDatabase of Individual Patient Experiencesを略したDIPExから来ています。日本語にすると「個々の患者の経験のデータベース」ということになりますが、元々は英国から始まったものでOxford大学のプライマリ・ヘルスケア部門が中心となって構築・運営しているものです。 そのウエブサイトは現在はhealthtalkonlineと名称を変えて運営されています。 日本のサイトを見て頂くとわかりますが、「患者にしか語り得ない言葉がある」といった考えで、患者さんご自身が病を語り、それを映像として提供することで、同病の方たちに役立て、患者中心医療を実現していこうと言うものです。 「こども健康倶楽部」も医療情報を必要としている側と医療専門家が協働して作成、運営していくことを、その方針(ポリシー)としているわけですので、DIPExのような試みも、今後考えていきたいと思い、紹介させて頂きました。


一覧に戻る