サポートルーム
小児内分泌専門家の医師(聖徳大学児童学部児童学科教授 原田正平先生)のコラムや、先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)をはじめ小児科関連に関する情報やサービスを掲載します。

Philip Pullman の言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年05月26日(Tue) 00:40 by drharasho

先日コラムに載せたhealthtalkonlineのトップページに載っている、Philip Pullmanの言葉の出典が見つかりましたので、ご紹介しておきます。 Philip Pullman は去年(2008年)映画化された「黄金の羅針盤 ライラの冒険」の作者です。 Launch of Youth Health Talk: young people talking about their experiences of health and illness オックスフォード大学のサイトのニュースのページ(22 March 2006)に以下のように載っています。 Philip Pullman said: ‘True stories are not the best medicine, but they are nutritious and sustaining. They feed the mind with information and the heart with hope and strength. Nature and medical science together can do a great deal to help our bodies and minds heal themselves, but the real experiences of others who have been through the same troubles give us the nourishment that sustains us in the meantime. Youth Health Talk feeds a hunger we didn't even know we had.’ 同じ病気(困難)を持った若者が語ることは、医療が与えることのできない、持続する何か(希望?)を私たちに与えてくれる、というような意味ですね。


一覧に戻る