サポートルーム
小児内分泌専門家の医師(聖徳大学児童学部児童学科教授 原田正平先生)のコラムや、先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)をはじめ小児科関連に関する情報やサービスを掲載します。

第20回日本小児科医会総会フォーラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年06月15日(Mon) 01:05 by drharasho

2009年6月13日(土)~14日(日)に、新宿・京王プラザホテルで第20回日本小児科医会総会フォーラムが開催され、13日に行われた「禁煙支援講演会ー総合医としての役割を担うため」で「子どもをタバコの害から守るための小児保健医療者の役割」という話しをしてきました。 情報ルームにその際の抄録とプログラムを載せています。 フォーラムでは、畑中洋太郎さんの「危険学からみた医療安全」という特別講演や、シンポジウム1「本音で話そう 総合医ってなんだろう」、シンポジウム2「日本のワクチンの展望」、シンポジウム3「小児保健法の実施に向けて」、シンポジウム4「発達障害とその周辺えの支援」、「新型インフルエンザ 緊急シンポジウム」と盛り沢山の発表が行われました。 畑中さんは六本木ヒルズでの回転ドア事故の原因解明、再発防止などで有名な方です。 「子どものための危険学」という興味深いホームページも公開されています。 また、新型インフルエンザの緊急シンポジウムも、神戸市で国内発生第1例が見つかってからの、当事者による現場らからの報告を聞くことができて、大変有益でした。


一覧に戻る