喫煙で医療費1733億円増加…脳・心臓疾患で(2012年1月5日14時35分 読売新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年01月06日(Fri) 11:50 by drharasho

新年早々、日本発の タバコ関連疾患に関するエビデンス が報道されています。

----------------------------------------------------------------------------------------------
喫煙で医療費1733億円増加…脳・心臓疾患で
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120105-OYT1T00642.htm

 脳梗塞や心筋梗塞などの医療費が、喫煙によって1733億円増加しているという推計を、
厚生労働省研究班(主任研究者=辻一郎東北大教授)がまとめた。

 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)による増加分の1・5倍に上り、研究班は禁煙
指導の強化を訴えている。

 研究班は、国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)が1989~2007年に行った
吹田市民4285人(40~74歳)の健康調査の結果を分析。様々な病気の発症率と、
喫煙の有無との関連を調べた。

 その結果、脳梗塞や脳出血などの「脳血管障害」は、喫煙によって男性は25%、女性は
5%増加。また、心筋梗塞や狭心症などの「虚血性心疾患」は、同じく男性は12%、女性
は19%増えていた。この増加率から、全国の同じ年齢層の脳血管障害と虚血性心疾患の
医療費総額1兆781億円(08年度)のうち、1733億円は喫煙によって余計にかかった分
と算出された。

(2012年1月5日14時35分  読売新聞)


「防煙ニュース」一覧に戻る