禁煙校内で喫煙見つかり逆ギレ…先生の話です (2012年1月13日 読売新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年01月14日(Sat) 09:01 by drharasho

ある意味、学校が無煙であることが当たり前の時代、
ということの象徴的な記事かもしれません。

しかし、校長のコメントはいただけない。
そもそもその教師、前から吸ってたでしょう。

----------------------------------------------------------------------------------
禁煙校内で喫煙見つかり逆ギレ…先生の話です
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=52893&from=ym

 広島県福山市の県立高校で、男性教諭(53)が、禁煙の校内でたばこを吸ったことを、
男子生徒から学校側に告げられたのに腹を立て、生徒に剪定(せんてい)ばさみを突き付け
るなどした
ことが分かった。

 教諭は1週間後に依願退職した。

 高校によると、2011年10月4日、「教諭が校舎内でたばこを吸っている」と生徒
から指摘を受けた校長が教諭を注意。その直後、教諭は校内で4人の男子生徒に「誰が言
いつけたのか」などと言い、はさみを突き付けたり、振りかざしたりした。

 生徒からの訴えで、校長らが教諭から事情を聞いたところ、喫煙やはさみを生徒に向け
たことを認めたという。学校側は生徒に謝罪し、教諭は同月11日に退職した。

 校長は取材に対し「生徒に恐怖感を与える、あってはならない行為」と話している。

(2012年1月13日 読売新聞)


「防煙ニュース」一覧に戻る