喫煙、4割減を目標 厚労省案、がん対策の柱に(朝日新聞1月23日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年01月23日(Mon) 12:09 by drharasho

今年対策が進まないと、百年禍根を残すでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------------
喫煙、4割減を目標 厚労省案、がん対策の柱に
2012年1月23日03時01分
http://www.asahi.com/national/update/0123/TKY201201220391.html


日本の成人の喫煙率の推移とがんの原因

 国や地方自治体のがん対策の今後5年間の基本となる厚生労働省の次期計画案に、
喫煙率削減の数値目標が初めて明記される。
喫煙者を4割近く減らす目標になる見通
しだ。厚労省は、現計画に盛り込めなかった喫煙率削減をがん対策の柱の一つにしたい
考え。拠点病院の見直しなどとともに2月1日、専門家や患者で構成する協議会に示す。

 がん対策推進基本計画の案で、がん対策基本法に基づいて厚労相が作る。次期計
画案では、習慣的に喫煙している成人のうち、「やめたい」と思っている全員が禁煙した
状態の喫煙率を目標値とする。具体的な数値は近く公表される国民健康・栄養調査
2010年版を基に計算する。09年に約35%だったやめたい人の割合は、10年はたばこ
の大幅値上げの影響で4割近くに達する見通し。

 計画は閣議決定され、国や自治体は目標達成の施策が義務づけられる。国は、
たばこの健康被害を防ぐための国際条約に従い、全面禁煙か喫煙室以外を禁煙とす
る事業所の割合を現在の64%から100%にすることを目指す。たばこのさらなる値上
げや公の場や職場での禁煙の法制化、たばこの広告規制や禁煙補助剤の保険適用
の拡大なども検討される可能性がある。

 日本の成人の喫煙率は比較的高く、厚労省によると09年は23.4%。特に成人
男性は38.2%。世界保健機関(WHO)のまとめでは、経済協力開発機構(OECD)
加盟34カ国中で8番目に高い。女性は10.9%で3番目に低いが、横ばい傾向が
続いている。

 しかし5年前の現行計画づくりでは、協議会が全会一致で「成人の喫煙率の半減」を
目指すべきだと主張したが、厚労省とたばこ業界を所管する農林水産省や財務省など
との間で調整がつかず、計画に入らなかった。次期計画も閣議決定までには曲折が
予想される。

 地域でがん医療の中核を担うがん拠点病院について現行計画は、どこに住んで
いても適切な医療が受けられるよう整備を目指した。病院の数は388に達したが、
格差などが問題になっており、医療の質の確保のために指定方法そのものの見直し
を検討する。

 がんの罹患(りかん)率や、治療効果などを正確に把握するための「がん登録」の
法制化も目指す。

 協議会で議論された次期計画案は、意見公募を経て、次の5年間が始まる
6月までに閣議決定される。(沢伸也、大岩ゆり)


「防煙ニュース」一覧に戻る