国民健康・栄養調査:所得が低い人ほど高い喫煙率や肥満(毎日新聞 2012年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年02月01日(Wed) 00:16 by drharasho

諸外国では当たり前だった分析内容。
やっと日本でも分析され、「想定内」の結果。

-------------------------------------------------------------------------------------
国民健康・栄養調査:所得が低い人ほど高い喫煙率や肥満
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120201k0000m040057000c.html

 所得が比較的低い人ほど喫煙率が高く、女性では肥満の割合が高い傾向がみられることが
厚生労働省が10年に実施した国民健康・栄養調査で分かった。国が所得水準と生活習慣と
の関連について調査したのは初めて。

 調査対象の約3200世帯の所得を「600万円以上」「200万~600万円未満」
「200万円未満」に3区分し、「体形」「食生活」「運動」などの項目で比較した。

 喫煙者の割合は「600万円以上」の世帯が男性27.0%、女性6.4%、
「200万~600万円未満」は男性33.6%、女性8.8%、「200万円未満」は
男性37.3%、女性11.7%と、所得が低いほど増加する傾向が認められた。

 身長体重の数値から「肥満」と分類される人の割合は、男性は所得とは関連が認められ
なかったのに対し、女性は3区分ごとに13.2%、21.0%、25.6%と差が付いた。
食生活では、所得が低いほど朝食を取らない割合が高く、1日当たりの野菜の摂取量も
少ない傾向がみられた。

 一方、成人の喫煙率は男性32.2%(前年比6ポイント減)、女性8.4%
(同2.5ポイント減)で男女とも86年の調査開始以来、過去最低を記録した。下げ幅も
少なくとも03年以降では最大で、たばこ税の増税に伴う10年10月の値上げが影響した
可能性もある。

 厚労省は、所得により生活習慣に差があることについて「健診や医療、健康づくりに
関する情報へのアクセスといった点で影響が出ている可能性がある。(13年度から始まる)
次の国民健康づくり運動プランで健康格差の縮小に向けた対策を進める」としている。
【佐々木洋】

毎日新聞 2012年1月31日 20時22分(最終更新 1月31日 20時50分)


「防煙ニュース」一覧に戻る