「広島市議会棟 全面禁煙に」 医師会議長らに要望書

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年02月23日(Thu) 13:55 by drharasho

「選良」という言葉が死語になっていることを痛感する、と書こうと思ったら、
選良=選ばれたすぐれた人。特に、選挙によって選び出された代議士のこと。
と書かれていた。

-------------------------------------------------------------------------------
「広島市議会棟 全面禁煙に」 医師会議長らに要望書
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news/20120222-OYT8T01210.htm


議会棟1階ロビーにある喫煙コーナー。簡易な作りで、煙や臭いが漏れる(広島市役所で)

 広島市の本庁舎の建物内が全て禁煙になっているにもかかわらず、隣接する
議会棟では喫煙が認められていることに対し、県医師会など4医師会は22日、
木島丘(たかし)市議会議長らに対して「控室を含む議会棟を全面禁煙にする
よう求める」とする要望書を提出した
。また、2012年度に議会棟の1階ロビーに
設けられている喫煙コーナーを140万円かけて改修することについても、「経費を
使い、必ず煙が漏れる不徹底な『分煙』で害をまき散らすのは許せない」と抗議
した。(澤本梓)

 同市の本庁舎は08年から、屋外テラスと屋上を除き、禁煙となっている。


 一方、議会棟は喫煙ができるスペースがある。1階ロビーには、分煙機を囲む
ようにビニールの幕が張られた喫煙コーナーを設置。各会派の議員控室を禁煙
にするかどうかは会派の判断に委ねられており、喫煙可能だったり、喫煙スペース
が作られたりしている。

 議会棟を管理するのは本庁舎などと同じ総務課庁舎管理係だが、実態は
「議会棟のことは市議会が決める慣習がある」(議会事務局総務課)ため、
本庁舎とは別のルールになっている。

 議会は昨年11、12月、議会改革推進会議(14人)で喫煙問題につい
て議論。一部会派から全面禁煙を求める意見が出たが、最終的には、
▽ロビーの喫煙コーナーを煙が出ないようにする▽控室での喫煙は会派の
判断に任せる――との内容で合意。12年度に、現在はビニールの隙間から
煙などが漏れるロビーの喫煙コーナーを改修し、壁を設けたり、外部との換
気口を付けたりする。

 この日、市議会を訪れた県医師会の松村誠常任理事らは、木島議長
が不在だったため、浜中典明事務局長に「市民に受動喫煙の害を及ぼ
さないためにも、全面禁煙にしてほしい」と要望書を手渡した。

 県医師会などの要望に対する市議の反応は様々だ。

 同会議代表でひろしま保守クラブの谷口修氏は「議会には多くの人が
視察が来る。外でたばこを吸わせるのはみっともない」
と言い、市民連合の
若林新三氏は「喫煙所は撤去するべきだが、控室内では会派の判断」
とする。公明党の渡辺好造氏は「議会棟こそ、率先して全面禁煙に
すべきだ」と話した。

(2012年2月23日  読売新聞)


「防煙ニュース」一覧に戻る