禁煙5年間は糖尿病注意 6万人追跡調査で判明

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年02月29日(Wed) 20:29 by drharasho

糖尿病が新しい国民病といわれながら、
糖尿病専門医がタバコ規制活動に熱心じゃないのが、
日本という国。

しかし、こうしたエビデンスが次々とでてくる。

以下の記事の基になった論文は
Smoking Cessation Increases Short-Term Risk of Type 2
Diabetes Irrespective of Weight Gain: The Japan Public
Health Center-Based Prospective Study
(PDFファイルも添付しました)

---------------------------------------------------------------------------------------
禁煙5年間は糖尿病注意 6万人追跡調査で判明
http://www.47news.jp/CN/201202/CN2012022901000792.html

 喫煙者はたばこを吸わない人に比べ糖尿病になりやすく、禁煙しても
5年未満だと発症リスクは高いまま、との調査結果を、国立がん研究セ
ンターを中心とした研究チームがまとめ29日、公表した。

 分析を担当した国立保健医療科学院(埼玉県)の大庭志野・特命上席
主任研究官は「禁煙成功後も安心せずしっかり体調を管理してほしい」
と話している。

 チームは10都府県の40~69歳の男女計約5万9千人を1990
~2003年の期間で10年間にわたり追跡。喫煙者は男女ともに、
たばこを吸わない人と比べて糖尿病を発症するリスクが高い傾向がある
ことが裏付けられた。


2012/02/29 11:30   【共同通信】

【添付ファイル】


「防煙ニュース」一覧に戻る