日医、全医療者の「喫煙率ゼロ」目標に- 「受動喫煙ゼロ宣言」を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年03月04日(Sun) 12:53 by drharasho

あまり主要メディアで取り上げられなかったような気がしますが、
非常に重要な記事だと思います。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
1. 妊婦や乳幼児の家庭内での受動喫煙の防止を推進します。

2. 学校保健の場を通じて、児童・生徒にたばこの有害性などについての健康
教育を推進します。

3. 医師をはじめとしたすべての医療関係者の喫煙率ゼロを目指します。

4. すべての医療機関の敷地内全面禁煙を推進します。

5. 公共的施設の敷地内全面禁煙を国や自治体に働きかけます。

6. 健診や日常診療の機会に禁煙教育の徹底を図ります。

--------------------------------------------------------------------------------
日医、全医療者の「喫煙率ゼロ」目標に- 「受動喫煙ゼロ宣言」を発表
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/36713.html;jsessionid=6C90042435D087752CB125F4901DE233

 日本医師会(日医)は29日の定例記者会見で、「受動喫煙ゼロ宣言」を発表した。
医師をはじめとするすべての医療関係者の喫煙率ゼロなどを目標に掲げている。


日医の「受動喫煙ゼロ宣言」を発表する保坂シゲリ常任理事(29日、日医会館内)

 また、▽全医療機関の敷地内全面禁煙▽妊婦や乳幼児の家庭での受動喫煙防止
▽健診や日常診療での禁煙教育の徹底▽たばこの有害性などに関する児童・生徒
への教育-などを進めるとしている。

 宣言では、喫煙率の低下、受動喫煙の防止は「国民の健康を守るための喫緊の
課題」と強調。厚生労働省が次期「がん対策推進基本計画」の素案に、2022年度
までに成人の喫煙率を12.2%とする数値目標を明記したことに一定の評価を示し
ている。

 日医が会員医師を対象に08年に行った調査では、男性の喫煙率が15.0%、
女性は4.6%だった。

【添付ファイル】


「防煙ニュース」一覧に戻る