勤務中の喫煙の制限に関する記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年03月07日(Wed) 10:02 by drharasho

大阪市が初めての規程かと思いましたが、
先行例もあるようです。

以下、いくつか載せておきます。

------------------------------------------------------------------------------------
「勤務中に喫煙」全職員実態調査へ、大阪市環境局が方針
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20120307-OYO1T00217.htm?from=main2

 大阪市環境局は全職員約3200人を対象に、喫煙実態調査に着手することを決めた。
市職員は勤務中の喫煙を禁じられているが、同局職員について「守られていない」とする
通報が市民から寄せられているため。橋下徹市長は「ルールを徹底すべきだ」と指示して
おり、勤務中の喫煙が判明すれば、職務専念義務違反で処分する。

 市は職員向け指針の改定(2010年10月)で、勤務中を禁煙とした。以降、環境局だけ
でも14件の通報があったという。「ごみ収集車内で作業員がたばこを吸っている」などの
内容が多いが、職員は特定できていないという。近く、各事業所ごとに聞き取り調査を行う。

 同局は「公務員としての自覚を高め、市民からの信頼を損ねることがないようルールの
厳守を求めていく」としている。

 大阪市では、2月下旬に火災があった市営地下鉄梅田駅など6駅でも、駅員らが喫煙
をしていたことが判明している。
(2012年3月7日  読売新聞)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「勤務中は喫煙禁止」自治体に広がる 千葉県松戸市6月から実施
http://www.j-cast.com/2008/04/08018755.html?p=all

2008/4/ 8 18:24

  「勤務期間中の喫煙禁止」が自治体に広がりそうだ。千葉県松戸市
では、6月1日からこの措置を導入する。長野県庁や千葉県浦安市でも、
2年ほど前からこの制度を実施している。大阪府の橋下徹知事が「勤務
時間は禁煙」という方針を打ち出して議論を呼んでいるが、こうした
流れに対し労組側がどう反応するかが注目される。

松戸市は研修を実施して職員の「禁煙化」を進めたい考え

   橋下知事は2008年3月18日に開かれた委員会で、勤務時間中は禁煙
とする意向を表明。これに対しては労組が反発しており、J-CASTニュ
ースでも「橋下知事の『たばこ休息廃止』 大反発する労働組合側の
『論理』」という記事で伝えた。

   そんな中、千葉県松戸市が08年3月28日、職員が勤務時間中に喫煙
することを原則禁止する、と発表したのだ。同市職員の勤務時間は原
則として8時半から17時までだが、休憩時間(12時15分から13時)以外は
喫煙を禁止する。

   03年5月に健康増進法が施行されたのを受けて、同市では04年4月に
庁舎内の喫煙スペース以外を禁煙化し、いわゆる「分煙状態」になって
いた。さらに07年になって、内部機関の「労働安全衛生委員会」と
「刷新担当会議」が勤務時間中の喫煙禁止を市長に提言。これをうけ
て、08年3月28日に副市長による「喫煙禁止令」が出た形だ。5月31日
が世界保健機関(WHO)が定める「世界禁煙デー」であることから、翌
6月1日から「禁煙令」を施行したい考えだ。

   同市職員の喫煙率は33%にのぼるが(06年調べ)、同市人事課では

    「これまでは分煙化にとどまっていましたが、今回の措置は、
これを一歩進めたものです。今のところ、特に直接の反響はいただ
いていません」

と説明。市立病院の禁煙外来と連携を取って職員に研修を行うなど
して、職員の「禁煙化」を進めたい考えだ。

浦安市は「今は職員からクレームない」

   実は、「勤務中喫煙禁止」を実行に移すのは、松戸市が千葉県内
で2例目で、まだまだ少数派だ。県内で最初に喫煙禁止に踏み切った
のは、浦安市だ。制度が導入されたのは06年6月1日で、まもなく丸2年
を迎えるところだ。大阪のように、賛否両論はなかったのか、同市
人事課に聞いてみると、

    「当初は、『飲み物を買いに行くのはいいのに、何故タバコは
ダメなのか』といった声もありましたが、今ではルールが周知徹底
されて、特にクレームなどは上がってきません」

とのことで、いわば「問題は時間が解決した」との見方だ。

   千葉県内の2自治体以外にも、長野県庁では06年4月から、同様の
措置をとっている。
同県庁では、04年12月から敷地内を全面禁煙に
しているが、職員が「難民化」して敷地外の路上で喫煙するという
問題が発生。05年12月、駐車場の近くに屋外喫煙所が設置されて問題
は解決するかに見えたが、勤務時間中にタバコを吸いに行くことが
「勤務場所をむやみに離れてはならない」との服務規程に違反する
のではないかとの指摘で再び問題化。その結果、「勤務時間中は喫煙
禁止」という措置に落ち着いた模様だ。


---------------------------------------------------------------------------------------------

堺市職員、勤務中は全面禁煙 4月から 残業中もダメ
http://mytown.asahi.com/areanews/osaka/OSK201101260155.html

2011年1月27日

 堺市は4月から、勤務時間中の職員の喫煙を禁止する。特別職を
含む全職員が対象。市によると、政令指定都市では大阪市は昨年
10月から、北九州市は今月から勤務時間内の喫煙を禁止しており、
堺市が3例目になるという。

 26日発表した。新たにつくる実施要領に基づき、勤務時間が
午前9時~午後5時半の場合は、正午から45分間の休憩時間中に
限り喫煙を認める。残業や夜間などの交代勤務中の喫煙も禁じる。

 市庁舎内は2004年4月から禁煙になっているが、敷地内に
ある屋外の喫煙コーナーで勤務時間内に喫煙する職員がおり、市民
から電子メールなどで批判の声が寄せられていた。違反者に対する
罰則はないが、人事評価に影響させるとしている。

 約8年前から禁煙しているという竹山修身市長は、府職員時代は
机に灰皿を置いて1日2箱のたばこを吸うヘビースモーカーだった。
「会話のタイミングを計るにも便利だった」と振り返るが、健康
診断で「血管が細くなっている」と指摘され、ニコチンパッチを
使って禁煙に成功した。「体重が増えたが、走っても息が上がら
なくなった」と話し、職員に禁煙を勧める。

 市総務課によると、昨年4月の健康診断では非常勤を含む
約7400人の職員の約2割が喫煙習慣があると答えた。喫煙歴
が約40年という市幹部は「残り2カ月間で禁煙できるかどうか、
心もとない」と話していた。(室矢英樹)


「防煙ニュース」一覧に戻る