診療報酬の「屋内禁煙」要件、7月スタート- 診療所も対象

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年03月08日(Thu) 19:27 by drharasho

それほど多くの診療所が対象とならない、という説もあるが、
7月の施行後、実証のための調査をして欲しいもの。

そもそも「医者ともあろうものが」率先して禁煙にしていないのが
おかしいのだが・・・

--------------------------------------------------------------------------------
診療報酬の「屋内禁煙」要件、7月スタート- 診療所も対象
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/36758.html

 2012年度診療報酬改定では、総合入院体制加算などの診療報酬の
要件に、屋内禁煙の実施を加える。受動喫煙による悪影響を防ぐの
が狙いで、7月1日から実施する。病院だけでなく、診療所にも屋内
禁煙を求める。

 屋内禁煙の実施が要件に組み込まれるのは、急性期病院が算定す
る総合入院体制加算のほか、ハイリスク分娩管理加算や乳幼児加算
・幼児加算、呼吸ケアチーム加算、がん治療連携計画策定料など入
院基本料への加算や、医学管理料など計22項目=表=。



 これらの点数を7月以降も算定するには、屋内禁煙を実施して、
その旨を見やすい場所に院内掲示する必要があるが、改めて届け出
る必要はない。また、屋外なら喫煙しても算定を認める。

 同省は5日に開いた都道府県担当者向けの説明会で、今回の見直し
が診療所も対象になると説明した。医療機関が建物の一部を借りて
開設している場合には、借りている部分での屋内禁煙を求める。

 緩和ケア病棟入院料や精神科病棟入院基本料、精神科療養病棟入院
料を算定している医療機関には、分煙での対応を認める。この場合は、
喫煙場所から非喫煙場所に煙が流れないことを必須とし、禁煙区域と
喫煙可能な区域の明示などを求める。

( 2012年03月06日 19:41 キャリアブレイン )


「防煙ニュース」一覧に戻る