平和公園内の全面禁煙化検討('12/4/6)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年04月09日(Mon) 14:07 by drharasho

時代の流れか、遅すぎると言うべきか。
反対の声が上がらないことを願うばかりです。

---------------------------------------------------------------------------
平和公園内の全面禁煙化検討('12/4/6)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201204060038.html

 広島市が、世界遺産・原爆ドームがある平和記念公園(中区)の全面禁煙化を
検討することが5日、分かった。公園内は条例で喫煙制限区域に指定されているも
のの、市が設置する灰皿の周辺で喫煙できる。国内外から観光客や修学旅行生が
訪れる祈りの場。喫煙の是非をめぐる議論が本格化する。

 松井一実市長は5日、中国新聞のインタビューで「受動喫煙の機会を少なくする
のは普通の流れだ。公園内の全面禁煙を視野に、市民の理解が得られるか議論し
たい」と述べた。禁煙化の目標時期には言及しなかった。

 市は本年度、「ごみのないまちづくりアクションプラン」をまとめる。その中で受
動喫煙防止の観点から平和記念公園の禁煙化のほか、喫煙制限区域にある市設置
の全灰皿の存廃も検討する。

 市は2003年、ぽい捨て等防止条例を施行し、平和記念公園を含む市中心部の
約3・1平方キロを喫煙制限区域に設定。灰皿がない場所での路上、歩行喫煙や
吸い殻の投げ捨てなどを禁じ、違反者から千円の過料を徴収する。

 市は制限区域内にある市設置の灰皿を住民の要望に応じて徐々に撤去している
が、現在126カ所ある。公園内にはベンチのそばなどに20カ所。公園内に灰皿を
設ける理由を市緑政課は「観光客への配慮」と説明する。

 市はこれまで、公園内を禁煙化する社会実験や来園者へのアンケートなどに取
り組んできた。09年度から毎年度続けるアンケートで禁煙支持は6割強を占める。
同じ被爆地である長崎市の平和公園では、09年10月から全面禁煙化している。



【写真説明】広島市が平和記念公園に設置している灰皿。ベンチのそばなどに20基ある(撮影・荒木肇)


「防煙ニュース」一覧に戻る