「たばこ対策課」消えた/神奈川

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年04月27日(Fri) 11:12 by drharasho

「たばこ対策課」消えた/神奈川
アサヒコム 4月12日

 県庁の4月の組織見直しで、松沢成文・前知事の肝いりででき
た「たばこ対策課」が消えた。新設されたがん対策課の中の「たば
こ対策グループ」に格下げになり、担当職員は昨年度の16人か
ら10人に減った。

 たばこ対策課は2年前、受動喫煙防止条例の施行と同時にでき
た。飲食店などへの禁煙・分煙の指導や、啓発を担当していた。

  今年度は、減った担当職員の代わりに非常勤の職員を1人から
7人に増やし、全体としての人数は維持した。うち6人は、店などを
回る指導員で、「民間企業での営業経験などがある優秀な人材ば
かり」という。

 今回の組織見直しについて、県人材課の担当者は「決して縮小
したわけではない。施行から2年がたち、対策も浸透してきたので、
それに応じた組織にしただけ。知事が代わったことは全く関係ない」
と話している。
(佐藤陽)


「防煙ニュース」一覧に戻る