喫煙率を10年かけて12%へ_がん対策基本計画を閣議決定、働く世代や小児を充実

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年06月08日(Fri) 17:26 by drharasho

10年かけて喫煙率を約4割減・・・

早いのか遅いのか、良策か無策か・・・
まあ抵抗勢力次第・・・

---------------------------------------------------------------
がん対策基本計画を閣議決定、働く世代や小児を充実 
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0703Z_Y2A600C1CR0000/
2012/6/8 11:27日本経済新聞 電子版

 政府は8日、今年度から5年間の目標となる「がん対策推進基本計画」を
閣議決定した。2010年現在で19.5%の喫煙率を22年度までに4割減の
12%に引き下げる数値目標を初めて明記。働く世代や小児のがん対策の
充実を重点課題に新たに盛り込んだ。がん患者の5年生存率の平均は50%を
超え、「がんになっても安心して暮らせる社会の構築」を目指す。

 がん対策推進基本計画は2007年に施行した「がん対策基本法」に基づき、
日本人の死因トップのがんの治療体制を全国的に向上させるため5年ごとに
策定する。07年に続き、今回が2回目。今後、各都道府県が同計画に基づいて
地域ごとの計画見直しを進める。

 喫煙率の目標値は、10年の調査で「たばこをやめたい」とした喫煙者(37.6%)
全員が禁煙した場合の数字。


 また22年度までに、「月1回以上」受動喫煙する機会がある人の割合を
飲食店で15%、行政や医療機関では0%に引き下げ、家庭で「毎日」受動喫煙
する機会のある人の割合を3%に減らす
目標も掲げた。

 たばこは肺がんなどのリスクを高めるとされ、本人の喫煙が影響した死亡者は
10年の推計で12万~13万人に上る。小宮山洋子厚生労働相は8日の閣議後の
記者会見で「がん予防に喫煙の防止は重要な要素。数値目標を盛り込むことは
大きなメッセージだ」と強調した。


 計画ではこのほか、重点的に取り組むべき課題として新たに「働く世代や
小児へのがん対策の充実」を加えた。

 がんと診断されてから5年後に生存している割合が50%超に上昇するなか、
働く世代のがん検診受診率の向上や就労支援、死亡率が上昇している女性の
がん対策の充実を盛り込んだ。医薬品の承認が海外に比べて遅れる「ドラッグ
ラグ」の解消や、小児がんの治療や相談支援の体制整備も目指す。


「防煙ニュース」一覧に戻る