喫煙率低減へ、政府が初めて今後10年間の数値目標示す_Japan Targets Smoking in 10-Year Battle Plan

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年06月13日(Wed) 06:54 by drharasho

さらなる展開は外圧に期待?!
-----------------------------------------------------------------------
June 8, 2012, 9:58 PM JST
Japan Targets Smoking in 10-Year Battle Plan

http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2012/06/08/japan-targets-smoking-with-10-year-battle-plan/tab/print/

Japan wants to clear the smoke.

The government on Friday said it intends over the next 10 years to reduce the smoking rate among adults to 12%, the first time it has named a specific target.

Breaking the Japanese of the smoking habit, one of the main culprits behind cancer-related illnesses, is part of the country’s long-term cancer-fighting program. Approved by the cabinet on Friday, the plan extends to March 2023.

Getting the smoking rate to 12% is a tall order, considering that as of 2010 it hovered at around 20% among adults overall and a strikingly high 32.2% among men, according to the report submitted by the Health Ministry on Friday. According to Japan Tobacco Inc.’s annual survey for 2011, the numbers are slightly higher—21.7% and 33.7%, respectively.

Japan has already applied some tough love to smokers: A tax increase in October of 2010 came to ¥3.5 (about 4.4 U.S. cents) per cigarette, or ¥70 on a pack of 20, raising the price by 40%. And smokers have increasingly been banished to designated corners or rooms of sidewalks, shopping centers, offices and restaurants.

These and other measures to combat the habit have been effective: The Japan Tobacco survey shows the smoking rate on the downward trend for 16 years, with the 2011 figures representing an all-time low.

But the Health Ministry’s report says the smoking rate remains uncomfortably high for a country where cancer has been the primary cause of death since 1981. Cancer claimed 350,000 lives in 2010, according to the report. Lung, stomach, liver and intestinal cancers are the most commonly diagnosed in Japan.

The government’s new plan envisions a 100% smoke-free workplace in eight years, which is something nonsmokers may well appreciate—about 44% of workers were subject to secondhand smoke as of last year, according to the ministry, which also estimates that 50% of restaurants (and 11% of homes) are unfriendly environments for nonsmokers. By 2022 the government wants to cut the number of restaurants where patrons are subject to secondhand smoke to 15%.

Follow Yoree Koh on Twitter @yoreekoh

2012/06/11, 7:45 PM
喫煙率低減へ、政府が初めて今後10年間の数値目標示す
http://jp.wsj.com/japanrealtime/blog/archives/11774/tab/print/

日本政府は8日、今後10年間に成人の喫煙率を12%まで引き下げることを目指すと表明した。政府が喫煙率低減の数値目標を明示したのは初めてのこと。

がんに関連した疾患の主因の1つである喫煙をめぐり、政府は喫煙率低減の数値目標を盛り込んだ「次期がん対策推進基本計画」を閣議決定した。8日の閣議決定を受けて、同計画は22年度まで継続される。

厚生労働省が8日に提出したリポートによると、2010年時点で成人の喫煙率が20%に近く、なかでも男性の喫煙率が32.2%だったことを考慮すると、喫煙率の12%への低減というのは難題だ。日本たばこ産業(JT)が11年に実施した年間調査によると、成人の喫煙率は21.7%、男性の喫煙率は33.7%といずれも厚労省の数字を若干上回っていた。

政府は既に喫煙者に対してある種の愛の鞭を課している。10年10月にはたばこ税が1本当たり3円50銭(1箱当たり70円分)増税され、たばこの値段は40%値上がりした。また、喫煙者は歩道やショッピングセンター、オフィスやレストランなどで、専用の喫煙コーナーや喫煙室にますます追い込まれる状況となっている。
喫煙に対処するこうした方法は効果を発揮してきた。JTの調査によると、喫煙率は16年間低下傾向を示しており、11年の数字は過去最低水準となった。

しかし、日本では1981年以降死因の第1ががんとなっており、厚労省はリポートで喫煙率はまだまだ非常に高いと指摘している。同リポートによると、10年のがんによる死亡者数は35万人となった。なかでも、肺がんと胃がん、肝臓がん、腸がんが日本では最も多い。

政府の新計画では向こう8年間で職場を100%禁煙とすることを目指している。職場で受動喫煙の機会がある割合も昨年時点で約44%だった(同省)ことを考えると、非喫煙者に歓迎される見通しだ。また、厚労省によると、受動喫煙の機会がある割合は飲食店で約50%、家庭では約11%だった。政府は飲食店での受動喫煙の機会がある割合については22年までに15%への低減を目指している。

記者: Yoree Koh


「防煙ニュース」一覧に戻る