マイルドセブン改称し「メビウス」 JT、欧州販売狙い(8月9日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年08月17日(Fri) 12:33 by drharasho

欧米でのタバコの有害性を前提とした、
まともな対応に比べ、日本では未だ、
このような無意味な記事を大きく取り上げる。

ふつうに考えると、日本たばこの新商品の宣伝を、
無料で行っているのに等しい・・・

----------------------------------------------------------------
マイルドセブン改称し「メビウス」 JT、欧州販売狙い
2012年8月9日03時00分 
http://digital.asahi.com/articles/TKY201208080725.html?ref=comkiji_redirect

日本で一番売れているたばこ「マイルドセブン」が、来年2月から
「メビウス(MEVIUS)」に名前を変える。製造する日本たばこ
産業(JT)が8日発表した。今後の販売をにらむ欧州では、
たばこの名称に「マイルド(優しい)」という言葉を使えない
からだ。
(コメント:FCTCにより「日本」でだって使えない)



 マイルドセブンは1977年発売。国内外17カ国・地域で年間765
億本を売り、国内では29.5%のシェアを握るJTの主力商品だ。
ただ、健康志向の高まりなどで喫煙者率が17年連続で減るなど、
国内のたばこ市場は縮小している。



 そこでJTが視野に入れるのが、欧州での販売だ。だが、
欧州連合(EU)の英国やドイツなど主要加盟国は、たばこの
有害性が低いとの誤解を懸念し、「マイルド(優しい)」などの
形容詞を名称に使うことを禁じている。

 地域ごとに名を変えて売るよりも、世界的に名を統一した方が
ブランド力が高まるとみて、日本も含めて変更することにした。

 メビウスは、マイルドの「M」、セブンの「S」、進化を意味
する英単語の頭2文字「EV」などを組み合わせた造語。パッケ
ージは刷新するが、味や香りは変えないという。

 小泉光臣社長は記者会見で、マイルドセブンに慣れ親しんだ
喫煙家が離れる可能性について「事前の調査では、印象の良さ
でメビウスがマイルドセブンを超える評価を得ている。現状に
満足するのは堕落だ」と話した。


「防煙ニュース」一覧に戻る