子どもの防煙研究会_趣意書

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年11月10日(Wed) 10:34

子どもの防煙研究会
                       040921
<趣旨>

 タバコを吸う子どもが増えています。
 それも、非行や問題行動を伴った子どもだけでなく、
今やごく普通の子どもたちが気軽に吸っているのが現実です。

 そして、大勢の子どもたちが、タバコを止められなくなっています。
そんな子どもたちには、叱責や処分ではなく、禁煙のための
治療とサポートが必要なのです。

 早い時期に治療の手を差しのべなければ、将来妊娠や出産を
迎えても禁煙できず、胎児や幼い子どもにもタバコの害を与え続け、
ついには、わが子も喫煙者にしてしまうという悪循環を繰り返します。

 現在の子どもたちの喫煙は、この子たち自身の現在と未来の
健康を奪うだけでなく、将来生まれてくる子どもたちの健全な成長をも
妨げる大きな脅威なのです。

 今タバコを止められなくて苦しんでいる子どもたちを救うために、
また子どもたちがタバコに手を出さないようにするために、そして
子どもたちを日常的な受動喫煙から守るために、医療・教育・行政の
間の協力・連携が必要ではないでしょうか。

 子どもたちをタバコから守るために、医療・教育・行政の現場で
何ができるか、様々な職種の方々と共に考えるために、
この研究会をつくりました。

<対象> 子どもの防煙に携わる方々

<事務局> 子どもをタバコから守る会・愛知
世話人代表 中川恒夫 (さくら病院(愛知)小児科部長)
〒480-0127 愛知県丹羽郡大口町新宮1ー129
Tel: 0587-95-6711、Fax: 0587-95-7743

問い合わせ先 
「子どもをタバコから守る会・愛知」事務担当 家田(泰)
TEL 052-881-3594、FAX 052-872-4590

<世話人> 中川恒夫・加治正行・原田正平


「関連資料集」一覧に戻る