オーストラリアでのさらなる禁煙対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月08日(Fri) 08:56

たばこパッケージ規制厳格化、オーストラリアで来年からも
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2794601/7058004

    * 2011年04月07日 19:21 発信地:シドニー/オーストラリア
  
オーストラリア政府が提出した、たばこパッケージの規制厳格化法案で予定されている
新たな統一たばこパッケージ(2011年4月7日撮影)。(c)AFP/Australian Government



【4月7日 AFP】すべてのたばこのパッケージのロゴをなくし、喫煙が健康に及ぼす害に
ついて画像で警告を入れるという、たばこパッケージに関する世界で最も厳格な規制法
案を7日、オーストラリア政府が提出した。

 同法案によると、たばこのパッケージはすべてオリーブグリーン色の無地とし、ロゴ
は一切入れず、たばこ会社は商品名と社名のみを、決まった色、書体、サイズの文字で
決まった場所に入れなければならない。またパッケージ表の4分の3の面積と裏の全面に
は、病気になった歯茎や失明した目、入院する子どもなど、健康に対するたばこの害を
訴える警告画像を印刷する。

 たばこ会社のマーケティング戦略では通常、消費者に魅力的に見えるよう、パッケー
ジに高級感や格好の良さを追求するが、ニコラ・ロクソン(Nicola Roxon)保健・高齢
化問題相はオリーブグリーンという色の選択について、調査の結果、喫煙者に最も人気
がなかったためと説明した。同相はさらに「新しいパッケージは、喫煙者に最もアピー
ルしにくいようにデザインした。また健康に喫煙が及ぼす恐ろしい影響について明確に
表した」と述べた。

 オーストラリア国民の喫煙率低下を狙いとしたこの法案は、議会を通過すれば2012年
から施行されるが、同国のたばこメーカー、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・オ
ーストラリア(British American Tobacco Australia)はこの法案について、国際的な
商標法や知的財産法に違反するものだと非難した。

(c)AFP/Martin Parry

----------------------------------------------------------------------------------

7 April 2011 Last updated at 04:15 GMT
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-12994787

Australian anti-smoking laws to be 'toughest in world'

By Nick Bryant BBC News, Sydney

April 7, 2011 handout from Australia government shows the new compulsory cigarette
packet style in dark olive-green Australia's design plans for cigarette packets are
intentionally off-putting

Australia has unveiled what it claims are the toughest anti-smoking measures anywhere
in the world.


They would completely ban logos and branding on packets of cigarettes - making Australia
the first to do so.
タバコのパッケージ上のロゴやブランド名を禁止

The packets would also be plain olive green, which is the colour that smokers apparently
find least attractive.
パッケージを単なるオリーブグリーンにして購買意欲を殺ぐ

The tobacco companies say they are selling a legal product, and that the proposals
infringe international trademark laws.

The colour, olive green, is the latest weapon in the ongoing battle between the Australian
 government and big tobacco.

Under aggressive new proposals, billed as the toughest in the world, every packet of
cigarettes sold in Australia would be packaged in that colour after research showed that
 olive green was the most off-putting for smokers.

Logos and any form of distinct branding would be completely banned.

Instead, the brand names would appear in a standard size and font, making them as bland
and anonymous as possible.

A greater area of the packaging would also be taken up with grotesque pictures of
cancerous tumours and the health effects of tobacco.

Claiming a global first, the Australian government says it wants to remove any remaining
glamour from cigarettes, but the big tobacco companies have questioned the legality of
the legislation.

Worried about the possible worldwide knock-on effect of Australia introducing such
stringent regulations, they've vowed to put up a fight - saying the new measures
infringe international trademark and intellectual property laws.


「防煙ニュース」一覧に戻る