気仙沼の漁師にタバコを!宮崎駿監督から被災地へ「意外な贈り物」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月11日(Mon) 20:42

野口健氏といい、宮崎駿氏といい、言葉がありません。
被災地での非喫煙者のことを、これっぽちも考えていない、
利己的な支援活動としかいえません。

しかも「アニメの上映会」にあわせて、
タバコを配るなど、悪い冗談としか思えない。

---------------------------------------------------------

気仙沼の漁師にタバコを!宮崎駿監督から被災地へ「意外な贈り物」
http://news.nicovideo.jp/watch/nw51054
NCN 4月11日(月)11時57分配信



スタジオジブリ(東京都小金井市)の宮崎駿監督の「贈り物」が被災地に届けられた。
東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県気仙沼市の漁業共同組合に、宮崎監督が集めた
タバコが渡されたのだ。東京から届いた意外なプレゼント。海の男たちも「今はタバコが
なかなか手に入らないので、ありがたい」と大喜びだった。

 物資供給が不十分な被災地では、タバコの入手が難しくなっている。コンビニや駅の売店
に行くと「タバコ売り切れ」「入荷未定」といった貼り紙をみかけることが多い。さまざまな
支援物資が届く避難所でも、タバコは嗜好品ということで配給がないのが通例だ。

 ヘビースモーカーとして知られる宮崎監督は「同じスモーカーとして、タバコがないのは辛い
だろう」と、タバコ支援を発案。スタジオジブリの社員に呼びかけて、タバコの提供を募った。

 集まったタバコは、ピースやラーク、チェリーなど十数種類。なかにはゴールデンバットなど
珍しい銘柄もまじっている。それらのタバコ約200箱をもって、ジブリのスタッフが2011年4月8日
に気仙沼の漁協を訪問。「漁師さんに渡してください」とタバコを手渡した。

 ジブリは4月7日から、NPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」に協力するかたちで、気仙沼市や
陸前高田市など東北の被災地で「となりのトトロ」などジブリアニメの上映会を行っている。それ
にあわせて「タバコ支援」も実行されたのだ。

 タバコを受け取った漁協の職員は、贈り主が宮崎監督だと知って驚きながら、「タバコはなか
なか買えないので、みんなイライラしています。貴重な贈り物でありがたいです。みんな喜ぶと
思いますよ」と話していた。

 なおニコニコ生放送では、本日2011年4月11日19:30より、現地特番として「東日本大震災から
一ケ月 ~被災地で語るメディアの今~」の放送を予定している。


「防煙ニュース」一覧に戻る